a hanaのストーリー

    ahanaの願い

    ahanaの願い、目指すのは製品を通して
    みんなが幸せになってほしい

    お金をたくさん出せばいくらでも質が
    いいものは買えるだけどもそれで得ら
    れないものもあると思う

    例えば使うたびに、誰かの助けになっ
    ている、誰かの支えになっていると思
    えることそれは自分にとっても支えになると思う

    製品を使う、それだけでたくさんの
    助かる人がいる

    助けてもらうだけでもなく、助けるだけでもない、
    作ってくれた人、使ってくれた人、助けてくれた人にも幸せになってほしい


    最後に
    大きなことはできないかもしれない、
    でもゼロよりかはいい
    ゼロはゼロのままだけど
    小さなことでもいつか大きなものになるかもしれない
    小さいままかもしれないけど、それでも一人は笑顔になると思う

    もちろん製品としても誇りを持っています。
    複雑な織り方、心地よい肌ざわり、ハンドメイドの良さを感じてみて下さい。

    ahanaとは

    製品を使っていただいた方たちの生活をより快適にして、

    生活に彩をもたらすことをanhanaは目的としています。
    そして
    世界中で自然や政治、貧困など大きな力に苦しめられている方や子供たちの助けになることをahanaは使命だと考えています。

    一つのものを長く、ずっと使う。

    ミャンマーにはその生活の中で生まれ、生活を快適に過ごすためにずっと使われてきていた素晴らしい製品がたくさんあります。

    近年言われている自然と調和、共生するサステナブルな社会の

    大切さが叫ばれています。

    ミャンマーでは古くからそういったサスティナブルな社会と生活を形成してきました。

    電気を使わなくて済むように、暑い夜でも涼しく快適に寝ることができるマット、そして丈夫に作ることで、一つのものを長く、ずっと使う。

    プラスチックではなく天然素材を使用する。そして再利用。

    張り子のおもちゃは、雑紙や使い終わったノートのページを再利用して作られています。

    そういった環境にも人にも優しく素晴らしい製品を通してミャンマーのことを知っていただく。

    そして製品を使っていただいた方たちの生活をより快適にして、生活に彩をもたらすことをahanaは目的としています。

    そしてミャンマーだけではなく、世界中で大きな力に自然や政治、

    貧困など大きな力に苦しめられている方や子供たちの助けになることをahanaは使命だと考えています。

    できることは限られ、小さいかもしれませんができることから始めていきます。

    ahanaのミャンマーへの想い

    現在ミャンマーではクーデターや内乱、

    そしてコロナによる不況など大変厳しい環境で苦しい生活を強いられています。

    喜ばしいことに多くの寄付がミャンマーに寄せられています。しかし残念ながらそれでもその支援が小さな村や全ての人に行き渡っているといえる状況ではありません。また今のミャンマーで起きている内乱や軍事政権も終わりが見ない状況となりつつあります。

    そのため、いつまでも支援や寄付に頼っていくことはできないと考えています。持続可能的にミャンマーを支援するためにはミャンマーに仕事を生み出し、

    そして少しでも外資を取り込むことが大切だと考えています。

    ミャンマーにはその暮らしの中で生まれ、生活の知恵がたくさん取り込まれた、生活をより快適にするためにずっと使われてきた素晴らしい製品がたくさんあります。

    そういった商品を紹介して製品のことを気に入っていただき、そして購入していただく。

    この形も持続可能なミャンマーの支援につながると考えています。そして購入していただいた方の生活をより快適にして、生活の中で幸せを感じていただく、

    「一緒に生きていく」これがahanaが目指していることです。

    ahanaの取り組み

    ahanaでは売上の10%により寄付を行っております。現在はミャンマーへ行っていますが、今後は世界中の困っている子供や女性向けの支援活動に対して行ってきたいと考えています。