ミャンマーについて

ミャンマーの紹介

ミャンマーは発展途上国として発展を遂げていっている一方で

豊かな自然がそのままの姿で数多く残っています。

昔から自然と共存する生活を大切にしており、

ミャンマーに住む人々は自然と調和した暮らしをしています。

やさしさの国

ミャンマーは、長くイギリスの植民地でした。約120年間厳しい時代を生き抜いてきたミャンマーの人々は、どんな時も明るく、元気に満ちています。つらい時も前向きに生きてきたミャンマー人はおおらかでおっとりしていて誰に対しても親切で優しいです。

今なお、クーデターによる軍事政権により苦しい環境に置かれていますが、それでも笑顔を絶やさず前向きに生活を続けています。

広大な平原にたたずむその姿に

またバガンには1,000年以上前に建てられた遺跡が数多く残っており、
広大な平原の中、朝日に浮かび上がりたたずむ無数の古代遺跡はミャンマーでしか見られない幻想的な風景です。

人々の暮らし

バスで家から2時間かけて通勤したり、日本の様に家電製品も揃っておらず、またはご飯を作るのに火を起こさないといけない家庭も多く、やることが多く忙しい毎日です。それでもせわしい日々の中にも、毎日の生活を楽しみ、家族や大事な人を大切にする暮らしをしています。

  • 黄色く小さな花、ミャンマーの国花『パダウ』ပိတောက်ပန်းPadauk Pann

  • ミャンマーを代表する国花のひとつ、『ジャスミン・စံပယ်ပန်း』

  • ミャンマーコットン花『ဝါဂွမ်း』

  • ミャンマーのお花からインスパイアを受けて作成

  • ひと針ひと針ミャンマーの女性たちが丁寧に心を込めて手刺繍

  • ミャンマーのお花をモチーフした刺繍ストール